注目

このブログについて。「Diversity―多様性」と名付けた理由

私が、このブログを「Diversity」と名付けた理由は、最も重要な要素でありながら、創価学会の組織に最も欠けていると思われる「多様性」について、問題提起をしたかったからだ。

老若男女、職業、民族に至るまで、その多様さにおいては、本来、創価学会は、他のあらゆる組織に比べて、抜きんでて多様性に満ちた団体である。

ところが、その多様性あふれる人財群を生かすメソッドとしての多様性が皆無なのである。

つまり、せっかく構成においてベースにある多様性の価値を生かせていないどころか、むしろ殺している。

あまりにも残念であり、もったいない組織の在り方だ。

なぜ、多様性を生かすことができていないのか。

活動の一律性、組織割の柔軟性のなさ、ヒエラルキー体制によるトップダウン方式の組織運営等々……これまでここで述べてきた数々の組織的欠陥が、多様性を殺す結果となっている。

池田名誉会長はさまざまな場面、たとえば海外の講演やSGI提言、各種指導の折に、会員一人ひとりの内発性を生かした組織の在り方について、語られてきた。

しかし、残念ながら、組織はそれらを自らのことととらえ、踏み込むことなく、従来型の活動に徹してきたがゆえに、活動家の高齢化が急速に進む現場の組織は、もはや現状維持すら困難な状況にある。

創価学会に限らず、人口減少、少子超高齢社会を迎えるに当たって、考慮すべきは、かつての右肩上がりの成長などではもちろんなく(できるはずもなく)、「持続性」であり、「成熟」にある。

この二つのキーワードに共通する最低の要件こそ、「多様性――Diversity」なのではないか。

多様性は生命が永遠に生き延び続けるために、仕組んだ最高の設計図であると私は確信する。

この設計図通りの多様な生命群をはぐくんできたがゆえ、地球は奇跡の星として、存在できたのであろう。

この生命の法則であり、設計図である多様性の価値観に、創価学会の組織は真剣に向き合うべき時が来ているのではないか。

教義や会則、ご祈念の文言を変えることも大事かもしれないが、創価学会にとって、最も大事なのは、会員一人ひとりが、どのような思いでいるのかについて、誠実に寄り添っていくことにほかならない。

しかし、残念ながら、現在の創価学会に、そこに踏み込む勇気や本音はない。

組織的な建前だけが、予定調和的にこなされていくだけなのである。

組織に多様性をもたらすことができる唯一の方法は、対話である。

本音の、腹を割った、闊達で、自由な対話……。

これら対話が、今の創価学会のどこにあるか。

ない。

ゆえに多様性など、はぐくみようがないのである。

今からでも遅くない、胸襟を開いた対話と懇談を自らの意志で始めることだ。

組織はそこからしか変わっていかない。